借金返済の相談なら弁護士!!

借金返済の問題を相談する相手として最も適しているのが、弁護士や司法書士などの法律の専門家でしょう。
法律の専門家、いわゆる「プロ」の弁護士や司法書士であれば、ひとりでは解決できない困難な問題も道しるべをつけてくれるでしょう。

 

しかし弁護士や司法書士なら誰でもいいというわけではありません。

 

弁護士や司法書士にも得意分野というものがあり、借金返済問題が得意な弁護士もいれば、離婚関係の問題が専門の司法書士もいます。
とくに借金問題の場合には、法的知識以外にも利息計算などの知識も必要となります。

 

この分野が苦手な弁護士にあたってしまうと、債権者とも交渉も有利に進めることが難しくなります。
また弁護士や司法書士の中にも様々な考え方があり、消費者側というより債権者側に立った考え方を持つ弁護士なども存在しています。

 

金融会社の顧問などを専門に行っている事務所などは、借入者に対して厳しく対応する先もありますので注意が必要でしょう。
借入者側の立場に立ち、債権者との交渉を有利に進める事務所を選ぶことで、利息の軽減や返済額の減額を引き出すことができますので、事務所選びは慎重に行うようにしましょう。

 

借金返済問題の相談先を選ぶポイントは?

それではどのようなポイントに注意して選んでいけばいいのでしょうか。
借金問題の相談先を選ぶポイントをいくつか考えてみましょう。

 

初回相談料が無料の先

 

最近では「初回相談無料」といった宣伝を掲げている事務所が多くあります。
また弁護士会や自治体が行っている無料相談会なども活用するとよいでしょう。

 

着手金や安い先

 

相談を行う場合に一番気になるのが費用面ではないでしょうか。
とくに相談の成否にかかわらず発生する「着手金」には注意しなければいけません。
最近では着手金をとらない事務所などもありますので、ホームページなどで確認しておくとよいでしょう。

 

費用を分割支払いにしてくれる先

 

着手金含めた費用を一度に支払うのが難しいケースもあります。
できれば分割支払いに応じてくれる先を選ぶようにしましょう。

 

実績のある先

 

大手消費者金融を相手にした大型訴訟に関わった、などの実績が豊かな先はそれだけで信頼感を得ることができます。
とくに借金問題に強い事務所は「債務整理」などの実績が豊富な傾向がありますので、ホームページや口コミ情報で確認するとよいでしょう。

 

弁護士・司法書士の所属人数が多い先

 

専門家が多く所属している先は、それだけで柔軟な対応を図ることが可能です。
事務員も多くいますので、相談にすみやかに対応してもらえるでしょう。

 

最終段階の交渉や手続きは弁護士などの専門家が行いますが、それまでの過程の手続きは事務員が行います。
事務員が多ければそれだけ素早い仕事が可能になるのです。

 

避けるべき事務所のポイントは?

逆にこのような事務所を選んではいけない、というポイントはどのような点なのでしょうか。
次のような特徴がある事務所はできれば避けるようにしましょう。

 

依頼後の連絡や報告がこない、または遅い

 

まずは事務所のホームページなどの問い合わせフォームからメールを送ってみるとよいでしょう。
その対応の早さである程度信用できるかどうか判断できます。

 

24時間以内に返信があれば十分信用できる事務所といえるのではないでしょうか。
遅くても土日を除いて3日以内に返信が無い場合には、依頼を控えたほうがよいかもしれません。

 

  • 料金体系が明確でない
  • 契約書の作成がない

 

料金についてあやふやな事務所は、後々トラブルにもなりかねません。
口頭で決めていたとしても書面にしない先では、仕事も安心して任すことはできません。

 

依頼後、契約書も作成しない事務所では、信頼を与えて依頼するわけにはいきません

 

  • 電話しても担当の弁護士や司法書士につないでもらえない
  • 折り返しの連絡もない

 

最近では司法試験の合格者も増えていますが、日本では弁護士や司法書士の数がまだまだ不足している実情があります。

 

多忙のあまり連絡もつかないのでは、借金問題を抱える身では精神的不安も重なるので注意しましょう。


このページの先頭へ戻る