借金返済方式を理解しよう

借金にはそれぞれ返済方式が決められています。

 

同じ額を同じ金利で借りたとしても、返済方式の違いで毎月の返済金額が大きく異なることもあります。
借金を利用する場合には、必ず利用を考えている借金の返済方式を確認しておきましょう。

 

正確な返済計画を立てるうえでも非常に大切なことです。

 

元金均等返済

元金均等返済方式とは、毎月均等に分割された元金に利息を合わせて返済していく返済方式です。
比較的短期間の借金で適用されます。

 

次の「元利均等返済」に比較して元金の減り方が早く、返済が進むにつれて返済金額が減少していきます。
支払額が徐々に減っていきますので、精神的には楽になるのではないでしょうか。

 

ただし返済当初は利息の額自体が大きくなる傾向があります。
また毎月の返済額が一定でありませんので、返済の都度償還表などを確認しなければいけない手間もあるでしょう。

 

元利均等返済

元利均等返済方式とは、毎月の返済額の元金+利息の合計額が均等に分割された返済方式です。
住宅ローンなどの長期の借金では、ほとんど元利均等返済方式が適用されています。

 

毎月の返済金額が一定ですので分かりやすく、返済計画が立てやすくなっています。
ただし利息は残っている元金にかかってきますので、返済当初は返済額に占める利息の割合が大きくなり、「元金均等返済」に比較して元金の減るスピードが遅くなります。

 

その結果返済総額も大きくなるのがデメリットです。

 

リボルビング方式

上記の2つは「最終期限」を固定した返済方式です。
あらかじめ最終期限を固定し、その範囲内で返済を完了させる方式です。

 

これに対し「最終期限」は固定しないで、毎月の返済額を計算する方式をリボルビング方式といいます。
返済額の決定方法により次のように分類されます。

 

元金定額リボルビング返済方式

 

毎月の返済額の元金部分が固定され、借入残高に応じた利息との合計額を返済する返済方式です。
指定した一定額の元金を返済し、それとは別途利息を支払います。

 

元利定額リボルビング返済方式

 

毎月の返済額の元金+利息の合計額を固定して返済する返済方式です。
支払額が毎月一定ですが、元利定額リボルビング返済方式に比較して返済が長期になる傾向があります。

 

元金定率リボルビング方式

 

毎月の締切日における借入残高を確定し、その残高に応じてあらかじめ指定した割合(定率)を乗じた返済額に合わせて利息を支払う返済方式です。

 

元利定率リボルビング方式

 

毎月の締切日における借入残高を確定し、その残高に利息を加えた額に対してあらかじめ指定した割合(定率)で返済する返済方式です。

 

残高スライド方式

 

借入残高を段階的に分け、その段階ごとに一定の返済額もしくは返済割合を定めておき、毎月の締切日における借入残高に応じて返済を行う返済方式です。
例えば次のようなケースをいいます。

 

  • 借入残高10万円未満→返済額1万円
  • 借入残高10万円以上50万円未満→返済額2万円
  • 借入残高50万円以上100万円未満→返済額3万円……

 

返済額の決定方法により「元金定額残高スライド方式」「元利定額残高スライド方式」「元金定率残高スライド方式」「元利定率残高スライド方式」に分類することができます。
現在のカードローンやキャッシングでよく用いられている返済方式です。

 

毎月の返済額自体を少なく抑えることができますが、返済期間が長期化する危険性もあります。

使い過ぎるとなかなか返済できない状態に陥りますので注意しましょう。


このページの先頭へ戻る