借金返済のための返済計画

借金を利用する場合、一番大切なことは最後まできちんと返済していくことです。
そのために欠かせないのが念密な「返済計画」です。

 

借入前にはどうしても「借りなければいけない」という気持ちが強く、返済のことまで頭が回らないかもしれません。
しかしきちんとした返済計画無しに借金を利用してしまうと、後々大変なことにも成りかねません。

 

借金の利用前には必ず返済計画を立てるようにしましょう。

 

収入・支出を正しく把握する

返済計画を立てるには、まず現在の収入と支出を正しく把握しなければいけません。

 

給料などの収入はいくらでしょうか?
生活費などの支出はいくらでしょうか?

 

基本的に「収入ー支出」の額が借金の返済可能額となります。
この範囲を越える借金は返済できなくなる可能性が高いものといえますので、何らかの手段を考えなくてはいけません。

 

副業などにより収入を増やすことも可能でしょうが、急な収入増加を望むことは難しいかもしれません。
となれば生活費などを見直し、支出を減らす必要があります。

 

生活費を節約するのには「固定費」を引き下げるのが効果的です。
家賃の低いアパートに引っ越す、携帯電話を解約する、普通自動車から軽自動車に乗り換えるなどの方法が考えられます。

 

また生命保険や自動車保険を見直すことも効果的な方法です。
最近は保険料の安い通販型の保険が多く販売されています。

 

同じ補償内容でも保険料を節約できるケースがありますので、有効的に活用していきましょう。

 

ただしあまり窮屈な生活だと、返済を続けていくのが難しくなることもあります。

個人的差や地域差がありますが、自分の状況にあった方法で行動するようにしましょう。

 

借金返済の順番を考える

効率よく返済を進めることも大切です。
まず優先して完済を目指すのは、金利の高い借金です。

 

借入期間が長くなるほど、利息の支払額が大きくなるからです。
また残高の少ない借入を早めに完済することも有効的でしょう。

 

早く完済することで借金数も少なくなり、精神的にも楽になるはずです。
余裕がある時点での繰り上げ返済や、借金を一本化する「おまとめローン」の利用なども検討していきましょう。

 

達成感を感じよう

長い借金返済は精神的にも苦しいものがあります。
最後まであきらめずに返済していくには、自分のモチベーションを維持する工夫も必要でしょう。

 

借入残高の減り具合が一目で分かるグラフを作成したり、一定金額まで減った時点で自分へのご褒美を準備するなどの工夫をしてみましょう。
自分自身で達成感を得ることができれば、最後まで返済していこうという気持ちも高まるものです。

 

半年間程度継続していけば、それなりの効果を得ることができるのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る